カードローンを滞納してしまったら

カードローンの返済を毎月リボ払いで決済していて、 もしも何らかの理由で返済が延滞してしまったらどうなるのでしょうか? カードローンもクレジットカードや消費者金融と同様に、まず遅延損害金がかかります。 さらに利用可能額が減額されたり、サービスを解約、信用情報機関に登録されることになります。 カードローンの場合はクレジットカードなどよりも延滞に対する処置が厳しい場合が少なくありません。 但し、やむをえない理由で返済できない状況が生じるような時や実際に延滞してしまった場合に、 行動次第では信用を失わずに済む場合があります。 どのように対処すれば良いのでしょうか? 病気や失業などでローンの返済ができなくなるような状況が生じたら、 返済を延滞してしまった後に会社から連絡が来るのを漫然と待つのではなく、 先にこちらから会社に連絡するようにします。 返済できなくなった理由や現在の収入と支出の状況を説明すれば実行可能な返済計画について 相談に応じてくれる場合がありますし、信用を失わずに済む可能性があります。 信用情報機関に延滞情報があれば住宅ローンなど他のローンの利用にも支障をきたすことがありますので、 ローンの返済が遅れるような場合にはきちんと対処するようにしましょう。